​-不動産購入の流れの説明-
ビジネス相談
​1.購入相談

不動産購入は、一生のうちで数回あるかないかの大きな買い物です。今後大切な資産でもあります。理想に近い形で物件を購入するために、まずはお客様と一緒に希望条件を明確にしていきます。エリア・予定時期・物件タイプ・広さ・希望間取り・ご予算・その他のご要望をお伺いします。

査定者
​2.資金計画・諸費用

自己資金や収入(年収)などから資金計画のご提案をいたします。

物件価格以外にも税金や手数料など不動産購入に関する諸費用や費用発生のタイミング、物件購入後にかかる費用以外のコスト等をご説明いたします。

Old Asian couple depositing for a new house
​3.物件紹介・現地ご案内
・購入申込み

経験豊富な営業スタッフがご要望に沿った物件を不動産会社専用のネットワークを使い最新物件をスピーディにご紹介いたします。お客様のご要望を伺いながら、物件内見のご案内をいたします。

購入したい物件が決まりましたら「不動産購入申込み」を行います。

※住宅ローンを組む場合は、事前審査の準備に入ります。

キーを取る
​4.売買契約

売主様へ購入条件の調整や購入予定の物件調査を行い、契約準備を進めます。契約時には、手付金(売買価格の5%~10%程度)、収入印紙(売買価格により金額が異なります)、印鑑(住宅ローンをご利用の場合は実印、本人確認書類(運転免許証等)が必要となります。

保険のコンサルティング
​5.住宅ローン・火災保険

住宅ローンの本申込手続きをいたします。住宅ローンをご利用の際に必要な「火災保険」のご説明と手続きをいたします。

新居の鍵受け渡し
6.残代金決済・引渡し

契約された物件の決済及び引渡しまでの主な手続きをご案内いたします。

金融機関での金消契約(住宅ローン)、残代金の決済(融資が実行され売主様へ残代金を支払います)、固定資産税・管理費等の精算金を売主様へ、登記関係費用は司法書士へ、仲介手数料を仲介会社へお支払いいただきます。

全ての精算が終わりましたら、売主様より対象不物件の鍵と関係書類を受け取り引渡し完了となります。

 

物件引渡し後のちょっとした修繕工事、リフォーム工事などお気軽にご相談ください。